ノーチラスと聞くとFFが出てきてしまいます、あのやたら早い飛空挺が!早かったなぁ〜あれ。

さて、今まで数々のアトマイザーを購入してきましたが、クリアロマイザーは2個目です。

最初の一つはKangerTechのTopTankMini。付属のRBAからその楽しさにハマり、RTA・RDAビルドの道へ。

VAPEを始めた当初、Nautilus Miniはかなり気になっていたのですが、時代はサブオームが主流で勧められるがままにTopTankMiniを購入しました。

Nautilus Mini、このアトマイザー、セクシーですよね。とても色っぽいです。

なんで今はこういうデザインのアトマイザーがないのか疑問です。知らないだけかもですが…

気になっていてなかなかポチるタイミングがなかったNautilus Miniですが、決定的だったのは「はんなりVAPE」さんの記事を読んで再燃!たまらずポチリングしてしまいました。


Nautilus mini

Nautilus mini

セット内容
・Nautilus Mini本体
・交換用 ユニットコイル (1.8 ohm)
・510-eGoアダプタコーン
・ユーザーマニュアル

サイズ
・長さ:7.3cm
・直径:1.95cm

最近のアトマイザーのようにガラスタンクのスペアなどの付属品はついていません。構成しているパーツが少ないこともあるんでしょうね。

うまいっ!
1.8オームの抵抗値が新鮮です。サブオームのセッティングばかりだったので、ここまで高い抵抗値は自分にとっては逆に新しい世界です。

12wくらいでのんびりといただくのですが、チリチリと可愛い音と共に温度の低いミストが静かに流れ込んできます。

そしてとても美味しい。

ワコンダやブラックバードを楽しんでいますが、とても美味しく吸えています。

高ワットで吸う時のような派手な甘さやミスト量はありませんが、しっかりとした香りが楽しめます。

ドローが重い!
エアフローを最小にするとKayfunと比べても重いと思います。これが本物の口吸いですね。

私はエアフロー全開で吸っていますが、自分の大好きなヌルッとしたドローでいい感じです。SERPENT MINIのような乾いた感じのエアフローは苦手で、ミストを大量に吸いたい時にしか使いません。

音がいい!
エアフローの穴が全部で四つ空いているんですが、調節するリングを回す時穴の場所に回していくと「チャッ」っていう音がするんです。あるべき場所に収まる感じ。

これが気持ちいいっ!

開封した時に3分くらいチャッチャやってましたね。


ノーチラスを購入してから、手持ちのアトマイザーでも高抵抗値で巻き直して楽しんでいます。リキッドの持つまた違った表情を見ることができました。

リキッドは高温で真価を発揮するもより、低温でフレーバーが出るものが合いますね。

古いとはいえ、これは自信を持ってオススメできます。特に喫煙者からVAPEに移住してきたばかりの方には最適かと思います。

自分もさっそくカスタムパーツやRBAを注文してしまいました。届くのが楽しみです。

爆煙モクモクに疲れたら、ぜひ試してみてくださいね!

最後にきっかけをくれたはんなりVAPEさんに感謝!